« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

夏コレ

7月が終わる〜。
まだ夏ってないのに、終わる〜。

はやいなぁ、もう。

そういえば、こないだKちゃんが、
今夏のモテ・ファッションを提案してくれた。

38493847

むむむ・・・。

945838098

↑コレかぁ・・・。

はい。もう、寝ます。

| | コメント (2)

パンク

昨夜の雷雨はすごかったね。
自分に落ちてくるかと思ったよ。
そんくらいの近さ。

ちょうど、外から帰ってきた時に
ゴロゴロ鳴り出したから、
幸い、被害には合わなかったけど。

最近ようやく彼女ができたMくんが休みだってんで、
祝杯をあげる約束をしていたんだけど、
雨がやむまでじっと待機。
やっとやんでチャリで三茶に向かったら、
途中、後輪がパンクス!

もう半分くらいまで走ってしまったし、
とりあえず歩いている人よりも
遅い速度でしばらく乗ってたら、
いい加減、後輪がガタガタいいだしたから、降りることに。
もう夜中だし、チャリ屋なんてやってるわけもなく。
途中でなんか泣きそうになった。
帰ろうかとも思ったけど、
Mくんと乾杯したいし、
その後、Tくん家に野菜を届ける約束もしてたし。
野菜を背負ったまま、グッと涙を堪えたってワケ。

とりあえず、無事三茶ハウスには着いて、
オノロケを聞いて、チャリはそのまま置いてきた。

やっぱり、ロードバイク用のタイヤってのは
パンクしやすくて困ります。
パンク癖がついてしまったようです。
マウンテンバイク(サスペンション付)に興味アリ。
さてと。取りに行かないと。

「のろける」は漢字で書くと
「惚気る」と書くんだ。
知らなかった。

| | コメント (0)

夕焼け

R00111662

焼け狂ってた。

ここ最近、忙しい&暑いを言い訳に
ゴハンは手抜き&外食ばかり。
暑さで思考能力が低下して、ゴールを考えずに、
おもむろに何かを作り出したりしてた。
結果的に、ウルルンで見たことあるぞってな具合の
イモが主食の国のソウルフード的なものになってたり。
だもんで、今日は久しぶりにしっかり作った。
つってもカリー。のみ。台所が暑いから。
こないだ八百屋で野菜を大量に仕入れたから、
いやでも使わないと。ってことで、

『自分のカレーって自分の好きなものだらけだね!
 夏野菜キーマカリー 〜マッシュドポテトを添えて〜
 inspired by TAMORI』

R00111702

途中行程まで、ラタトゥイユにしようか迷ったけど、
結局、出来上がったシロモノはコレ。

見た目はとっても微妙(茄子の肉味噌似)だけど、
コレにマッシュドポテトを混ぜ込む(タモさん流)と、
味がまろやかになって、やたら美味かったYO。

!」って感じ。

でもやっぱり、
タモさんの作ったカレーにはどうしたって敵うわけがない。
だって、タモさんは天才だもの。
あれは今まで食べたカレーの中でダントツに美味かった。

おそらく、一生使えるであろう、居酒屋自慢ネタ。
「タモさんの手料理食べたことあるよ。」

| | コメント (0)

フジには行かなかった

テレビつけたら、27時間テレビ。(フジ違い)
酷すぎる。MAJIで酷い。
切なくなった。
テレビつけたことを後悔してしまいました。

Photo00682

| | コメント (0)

泣き笑い

今日はTのお別れ会@赤プリ。

R0011163

ようやく、というか、やっと、
現実として、
Tが天国に行っちゃったんだなって
受け止めれたと思う。

会場には、10年ぶりくらいの
懐かしい友達がたくさん居たけど、
少ししか話せなかった。
大勢の人がいる場で、
どうしても、うまく喋れないから。

でも、行って本当によかった。
すごくいいお別れ会だった。

久しぶりの再会が
こういうカタチだったのは、
とても残念だけど。

ああやって、
友達がたくさん集まって、
Tの思い出話をいっぱいして、
笑ったり、泣いたり、
Tは本当にスバラシイ人だなって
再確認できたよ。
Tは本当に幸せ者だね。

メランコリーな時に、一回だけ、
ミクシにオモい内容の日記を書いたことがある。
Tはその日記に対して、一番ノリでコメント。

── 泣きながら笑えばいい。

そう提案してくれた。
その言葉にすごく助けられた。
というか、ずっと悶々と探し求めてた答えは
間違いなく、それだったのかも。
それ以来、そんなに泣くこともないけれど、
泣いたら、その分笑う。
理由もなく無性に泣きたいときは、
泣き笑いが、丁度いい。

ずっと離れてたのに、
なんで解ったんだろう。
未だに不思議だけど、
すごくすごく嬉しかったよ。
ありがとう。
ずっと、忘れないからね。

なんだか、泣き笑いな気分になりながら、
家に帰って、着替えて、クリビツ!
私ってば、ワンピースの下に
部屋着の短パン穿いたままだった・・・。

部屋パンのまま、赤プリ。
アリエナ〜イ!
全然気が付きませんでした。
まあ、ワンピースで隠れてたから、いいんだけど。
物忘れにも程ってもんがある。
トホホ〜・・・。

しばらく家でポケ〜っとしてから、
実家に預けているネコを引き取りに
横浜に行くついでに、
お姉ちゃんちに寄って、夕飯を食べた。
その後、実家帰ったら、
ネコが帰りたがらないようす。

そりゃそうだ。

うちはエアコン点けないし、最上階だから、
部屋のなかは常時ヒートアイランド。
夏は打ち水、手拭いに保冷剤スタイルなのです。
そんで、ネコはあまりの暑さでバテてしまうのです。
実家はエアコン点いてるし、涼しいから、
ネコにとっても快適なはず。
表情も断然涼しげだった。
完全に人間(私)のエゴなので、
ネコはかわいそうだよね。

なので、もう少しの間、
ネコを実家で預かってもらうことにした。
結局、アイス食べて、コーヒーを頂いて帰っただけ。

家に帰ってからも、
なんだかメランコリーというか、
誰かに会いたいんだけど、
ワイワイ呑む!って気分でもない。
最近、落ち気味のTちゃんに
元気をあげつつ、元気をもらおうと思って
電話してみる。
なんだか電話の向こう側は騒がしい。

「どこいるの?」
フジロック!」

「へ・・・・。」

いいなぁーーー!!!!
チョ〜楽しそうやん!
こないだの落ち込みっぷりは
何処へ行ったのだ?
半分、安心しつつ、半分、悔しい。

「いま、アンダーワールド終わったトコ。
 楽しいよ!今から車で来なよ!」

って、すんごい楽しい空気が
受話器越しから直球で伝わってきた。
私の部屋との温度差ってば、もう。

う〜ん、
・・・待てよ?
行こうかな・・・。

なんつって、
いままでクリックしたことのない、
オフィシャルサイトの『アクセス』をクリック。

家から苗場、183km。
正直、辛い距離。

超行きたいです。
でも、辛いです。
超超超行きたいです。
でも・・・

の延々ループに入ってしまった。

ほらほら、山って寒いよ?とか
本命は初日だったじゃん?とか
自分に言い聞かせてみる。

諦めて、『やりすぎコージー』でも観ながら、
サタデーナイトを粋にやり過ごそうと思ってたら、
今週はやりすぎはお休みなのだった・・・。

そのかわりと言っちゃなんだけど、
27時間テレビの『さんまのまんま』に
大竹しのぶが出てた。

おとなしく、仕事を進めろってことか。
全然進んでないもんなあ。

嗚呼、とてもとても
フジに行きたくなっちゃったなあ。

R00111582

↑姪っ子C.O.P.がキャメラマンデビュー。


余談。
メガネ紛失中。困ってる。

| | コメント (2)

睡魔に負けた

昼になっても、
強力アシスタントは
絶賛切抜き中です。

R00111353

↑ポジションを少し変えたようです。

| | コメント (3)

ハンブルグを食べた

今日は強力なアシスタントを迎えて、
暑さと闘いながら、絶賛制作中。

R00111333

↑絶賛切抜き中の図。

あー、本当に助かっています!

今日はちょっと、灯りが見えてきた気がする。
着実にひとつひとつ進んでいます。

| | コメント (0)

野外で音楽を聴きたい

そうですか。
今週末からフジロックですか。

フジロック=夏開き。

個人的に、今年注目すべきトコロは、
“あの人は今・・・”的な90's祭り。
やっぱ、90'sはサイコーだよね。
結局、そこに戻るもんね。
ボブ・ディランの息子、
The President of the United States of America
(↑懐かしすぎる!)、The Breedersなどなど。
記憶の片隅にいたあの人たちが。

90年代、特に14〜18歳の時は
一番貪欲に音楽を聴いてた時期。
その頃好きだったものは
今もやっぱり好きで聴く。

今年のフジ、
ビール片手に青空の下で観たいのは、
RODRIGO Y GABRIELAと、
野外といえば、OZOMATLI、
あと、mice paradeもね。

つっても、フジには行きません。
つーか、行ったこともござ〜せん。

働きだしてから、何故だか、
毎年必ずフジロック週末は、
忙しくて倒れそうになっている。
どうやら、今年もそんな感じ。
昔、働いてた出版社(ヨコ乗り系)では、
み〜んなフジロック行っちゃって
会社の中が、がら〜んとしていたなあ。
仕事を丸投げされたデザインチームは舌打ち。
家帰っても、同居人もフジロックで不在。
多分、縁がないんだね、フジとは。

今年も朝霧には行きたいなぁ〜。
規模的にも朝霧の方が楽しめると思う。

それはそうと、
最近、もっぱら移動手段は自転車。
打合せなんかは大抵、
帰りの電車が帰宅ラッシュと
ぶつかることが多いから、
チャリ通ならぬ、チャリ打ち。
チャリ呑み、チャリ会い。

今日は夜、渋谷までチャリ打ち。

チャリに跨って、iPodをシャッフル再生。
ビースティーの『Sabotage』がいきなし流れて、
ゴキゲンだねえ〜なんつってたら、
家の前で止まれを無視したタクシーに
危うく轢かれそうになった。
危ないね、本当に危ない。

しかし、チャリは速いね。
ドア to ドアだと、
電車で行くよりも断然、速い。
流行りのピスト男子を
スイス〜イと追い越す瞬間はわりと爽快。
(大抵のピスト男子はその後、
思いっきし追い越してゆきます。)

渋谷に着いたら、
先方が少し遅れるってんで、
タワーレコードに寄って、
最近どんな音楽が流行ってんのかしら
ってな具合に店内を流してみる。
気のせいかしら、なんか、チラチラ人に見られるなぁ
なんて自意識過剰気味になってたんだけど、
・・・滝のような汗。
お年頃の女の子が全身、滝のように汗をかいている。
はずかしぃーーッ。
チャリなのッ!チャリで爆走したからだってばッ!!
なんつう言い訳ができるわけもないので、
カバンに付けたライトをチラチラ返しすることで
さりげなく、且つ、いやらしく主張してみたり。
そもそも、誰もチラチラなんて見ていなかったり。

激しく自意識過剰。
とても情けないです。

R00111321

↑ついでにSPECIAL OTHERSの新譜を買うた。
 つっても発売からだいぶ経ってたんだね。

余談。
今、ものスゴく家が揺れました。地震です!
今日気付いたんだけど、
首が、少しでも動かすと、
ゴリゴリって鳴るのが気になっている。

| | コメント (0)

グッモーニン

無条件でハッピーになれる音楽ってあるよね。
(あるある〜。)

アタスの場合、この曲がそうです。

“アガる”じゃなくて、“ハッピー”。(←ここ重要)
そうそう、丁度程良いテンション。
きっと、1/f ゆらぎ的な
ハッピーになれる特別な周波数があって、
この曲は自分の中で
バッチシその周波数(改めバイブス)なのかもね。
This is サイコーにちょうどいい。

普段、どちらかというと、
ダウン&ロウな音楽ばかり聴いていますが、
たまには、こんなんも。

このアルバムが出たとき、
よく聴いてて、ハッピーな気分になってた。
泣き笑い的で嬉し泣き的な。
いつのまにか、新しいアルバムが出てたんだね。
聴かなきゃ。

あー、油断してたら
youtubeの惑星探索してたわ〜。

気付いたら、
こんなんとかこんな動画まで再生してたわ〜。
YOSHIKIがOL風。
ツッコミどころ満載。

よし、少しやる気が出てきた。

| | コメント (2)

集中力低下、ていうかゼロ

(世間の)連休中が勝負!!
っつーか、もうあと2日しか
みっちり仕事できる時間がなし!

昨日は夕方、家族と焼き肉を食べに行き、
その後、早々と帰って
よし、寝ないでやる!
なんつって、意気込んでたのに、
三茶から一本の電話。

「今日、奥多摩行って旨い豆腐5丁買ってきたから、
 いまから食いに来い!」

あぁ〜、強引。でも、楽しそう〜。
多分昼間っから呑んでんだろなぁ・・・。

「ごめん、いま仕事中〜。
 いいアイデアがでなくて、困ってます。」

「な〜に言ってんだよ!
 我が家には、いいアイデア有り⊠(マス)。」

平日の誘いをことごとく断ってたしなぁ。
連休だしなぁ。

「うぅ〜、冷や奴にして、待っててくれ!」

ってまんまと誘惑にハマり、
三茶までチャリぶっ飛ばす。

R0011097

↑待ってたZO!ドスコイ、奴!!

R0011110

↑なぜか、記念写真!イェ〜イ。

缶ビール一本呑んで、
アリスイルカヨーコを大合唱して、
アツくなるも、
仕事のことがチラリチラリと脳裏をよぎり始め、
後ろ髪引かれながら、帰ることに。

帰宅後、ソッコー就寝。

あぁ〜、もう、こんな集中力じゃ全然だみだ。

今日こそは誘惑に負けずに頑張る!

| | コメント (0)

言葉の持つ力

一日に一回は何かしらの
おぼえ書きはしておきたいところ。

昨日は、どんなに脳ミソを絞っても、
一汁もいいアイデアで出てこなくて、
Dr. スランプ状態。

この時期にそんなんじゃ、
この夏、かなりMA・ZU・I!!

夕方、外の空気を吸うついでに、
Nちゃんの誕プレをゲットしようと思って、
等々力まで行ってきた。

こないだ書いた、いい感じのお店へ。
そういえばお店の名前なんてゆうんですかって
聞いたら、「名前はない!・・・なきゃダメかな。」って。
すげ斬新!かっこい〜!
しばらくまた主人とタトゥーの話とか立ち話してて、
気付いたら、椅子に座ってて、
また2時間くらい身の上話から人生相談になってた。
おもろい話をいっぱいしてくれた。

「毎日、明日、交通事故が起きるって、
 そう思っておかなきゃ。
 そんで、事故にあっても慌てちゃダメだよ。」

やべ〜、新しい。
出会いも恋愛もすべて交通事故みたいなもんなんだと。
確かにそうだよねえ。目からウロコ的な。

なんか、このお店はアタスのセラピストになりそうな予感。
心療内科に行って、金払って一方的に話して、
結局、効かない薬を処方されるよりも
全然気分は楽になってる。即効性があるよね。

人からもらう言葉にはそういうチカラがある。

全然良くならなかったウツも、
一つの言葉をきっかけに、景色が一気に変わったことがある。
背負ってたクソ重い荷物が一気に軽くなって、
未だにウツはウツなんだけど、ダウンの時、
以前なら、暗闇しか見えなくて、
死んでしまった方がラクになれるなんて思ったりしてたけど、
ようやく、トンネルの先の灯りが見えてきた気がした。

捉えかたは、人それぞれで賛否両論な言葉だけど、

「人生は死ぬまでの暇つぶし」by みうらじゅん(from 母)

え〜、それってどうなの?っつう人が多いとは思うけど、
当時、アタスはこの言葉で一気にラクになれたよ。
そっから、いろんなことを愉しまなきゃ、
せっかく生きているのに、もったいないじゃんって
単純に思えて、笑えるようになったし、
こないだの検診でウツチェックもあったんだけど、
点数が少し良くなってた!!
医者にずっと行ってても全然良くならなかったのにね。

すごく悲観的な考えかもしれないけど、
いつかは死ぬ。絶対に。
でもこれって、ウラを返せば、
すごく楽観的な考えでもあるんだ。
アタスはきっと、“optimistically pessimistic”!
〈楽観的悲観主義〉
小さなコトでクヨクヨ弱ったり、
難しく考えすぎたり、
死ぬまでの時間をムダ使いしてしまう。
もったいない。
そういう時間もモチロン大切なんだけど、
せっかく生きているんだから、
もっと楽しまなきゃ。
もっと笑っておかなきゃ。
辛いことばかりだけど、
下や後ろばかり見るんじゃなくて、
上や前を見て、ゆっくり焦らず
自分のペースで歩いていけばいい。
そしたら、たくさん新しいコトが見えてくるんだよ。
いままで、スルーしてたコトが。

明日もどうせ・・・。とか
人生(仕事 etc.)なんて所詮・・・。
って考えながら、ダラダラ過ごすよりも、
限られた時間をもっと大切に出来ると思う。

自分はその言葉をそんな感じで捉えた。

何事も多角的に見ることは大事だね。
例えば、よく、
コップに半分の水が入ってて、それを、
「あと半分しか水が残ってない」て見るか、
「半分も水が入ってる」て見るか、
みたいなのがあるけど、
きっと、まったく別の見え方もあって、
「このコップ、いいデザインだねえ。」とか
「あー喉かわいた。」とか。

ようは、心構えっつうか、心持ちっつうか。
なにが大切なのか少し見えてきた気がする。
生きてることに感謝するようになった。
楽しいことも辛いことも
ぜ〜んぶひっくるめて、
人生ってオモシロイ。
明日、何が起きるか分からない。
おそらく、一生、ウツとは
付き合っていかなきゃなんだけど、
それに対して、悲観はしなくなった。
もはや、腐れ縁的な。

アタスは人に対して不意に、
トゲのある言葉を使ってしまうことがある。
そういう意味で言ったつもりじゃないのに、
人を言葉で傷つけてしまうことがある。
自分の、その言葉に対しての捉えかたと、
他人の、その言葉に対しての捉えかたは、
決して同じではないのだ。
無意識に誤解を生んでしまう。
だからこそ、言葉ってのは難しい。

なんで敢えて、その言葉を選んでしまったんだろう。
つって、あとで後悔して凹んでしまう。

いい言葉を伝えられる人間になれたらいいなと思う。

自分はいつだって気付くのが遅い。
ちゃんと憶えておこう。

なんて、土曜の昼下がりに
ボヤ〜っと考えてるわけなんだけど、
まずいなぁ、週明けまでにバーンと案出さないと・・・。
全然、集中力がない。
久々、本気でマズイことになってる・・・。
今週末が三連休であってくれて、MAJI助かった!!

しかも、今日は酒が呑めるぞ〜、酒が呑めるぞ〜♪
・・・。
本気でマズイなぁ・・・。

R00110851

↑店でゲットしたチェンマイの手作りポシェット。
 すごいNちゃんっぽいテンションと色遣い!気に入ってくれるといいなあ。

| | コメント (0)

ファック・コレ!

なんなんだ、→コレ←。

なになに?
「・・・プラチナルームを1年間利用できる
 年間シートは3000万円で販売される」
だって??

ふむふむ・・・。

・・・。

MU・I・GI!!

そんな銭あるんだったら、
フイルム買って、家で勝手に観てる方が
よっぽどマシだよねえ。

所謂『セレブ風』つーの?
変な風が吹いてるよねえ。
イヤだねえ〜

どうでもいいけど、
『セレブ』っていう言葉自体が
ものすごく貧しく感じる今日この頃。

おまけに『プチ・セレブ』ときたら、
もう、ワケわかめ。
セレブ界にベンチ入りってことかね。

まあ、価値観は人それぞれなんだけど、
生産者も、消費者も、
その銭、もっと意味のあるものに使って欲しい。
銭やモノの価値や在り方について、
もう少し考え直すべし。
(モチロン自分もだけど)

個人的には・・・
ガンバレ!中央劇場!!

080718

↑《お宝画像》我が家のセレブ風。

| | コメント (0)

せっせと乙女風

R00110631

植物がここ最近のブームです。
部屋にずっと籠もって仕事してるから、
近くに緑があると、自然と気分が上がるワケ。
だから、気付いたら
今こそ起こせよ、室内緑化ムーブメント

ちなみに、植物園が大好物。
動物園よりも好きかもしれん。

R00110591

↑部屋のなかで一番好きな場所であ〜る。

今日は朝からひたすら
頭使う仕事と(出張)校正作業をやってたから、
一度、脳ミソをリラ〜ックスさせてから
仕事に戻ろうと思って、
家にある植物たちを育苗ポットから
鉢ゆるめ(ってゆうらしい)してみた。

準備するもの。
・植物 in the 育苗ポット
・鉢
・培養土
・鉢底ネット
・砂利的なサムシング

砂利的なものは
種苗屋の次女さんのアドバイスにより、
こないだネコが割りやがった鉢を再利用。
金槌で思いっきし砕いて〜、

R00110641

↑日頃の鬱憤などを鉢に120%ぶつけてみる。
 (この時点ですでに気分はスッキリ。)

鉢の底に適当なサイズに切ったネット敷いて〜、
砂利的なもの(当てつけ食らった鉢)敷いて〜、
培養土をぶち込み〜の、

R00110661

育苗ポットに
(行儀よくマジメなんてできやしなかった、と)
サヨナラ告げて、
鉢にスローイン!

R00110671

はい、でけた〜。カンタンだね!
これで、植物たちもノビノビ呼吸ができるよね。

ゴールデングロウ(左のやつ)だけ、
ちょっと仕上がりが不安。
もともと、少し元気なかった。
もうすぐ植物の宇宙食『土母』が届くから、
元気になってくれるといいなあ。

つって、すっかりリフレッシュ!
難しく考えない方がいいんだね。
料理と一緒だ。
もしかして、もしかすると
何事もそうなのかもしれん。

家で仕事をしていると、
家のなかで息抜きや楽しみを探してしまう。
そうすると、植物やら料理やら、
どうしたって主婦的なもんになるよねえ。

メンタル的にボロ雑巾のようだった数年前の自分は、
一日をこなすので精一杯で、
息抜きや楽しみを探す余裕なんてなかった。
そんなこと、考えもしなかった。
いまは、楽しいって思えることがたくさんある。
心に少しゆとりができたってことだね。
よかった。

なんつって汗だくになりながら、
室内ガーデニングに励んでるわけだけど、
ふと考えてみたら、
初めて女子っぽい趣味じゃね?コレ。
そもそも飽きっぽいから、
無趣味で生きてきた。
興味を持つことといえば、
非モテ&男子的なものが多かった28年間。
なぜかここにきて、IKKOカーリーの気分。

R00110701

↑こないだの花はドライフラワーにしてみた。
 おとめぇ〜〜。ヒューヒュー。

そんでもって、
鉢を割った張本人(猫)はといえば、
相変わらず体調不良で、
病院でケツに注射打たれたうえ、
暑すぎて、すっかりバテてる。

R00110751

Photo0057

↑夏恒例の“寝る場所がアナーキー”プレイ。

08071603

| | コメント (4)

気になる島

R00110471

もう一つのガーベラも元気を取り戻したようす。
よかったよかった。

こないだ立ち寄った
気になってた雑貨屋さんの女の子が
すごくオススメしてた
オランダのテルスヘリング島
あれから、とても気になっている。
いろんなものが漂着してくるらしい。
もっと調べてみて、
S氏がオランダに住んでいる間に
一度行ってみたい場所。

R00110551

↑サンゴ油桐が開花した。

この感じ、すごいアタス好みやんけ。

R00110521

さっき、こちらさん(↑)がシュガーバインのプランターを割りやがった。

| | コメント (0)

今宵はメッセ

080713/ザ・バンアパさん @ 幕張メッセ

R00110081

ツアーファイナルっつうことで、
幕張メッセまで行ってきた。
幕張メッセといえば、2月に観にいった
レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンと同じ場所。

でかかったなあ、おもしろかったなあ。
どんどん会場がでかくなってくので、
毎回、なんだか緊張してしまう。

いままで観たザ・バンアパさんのライヴのなかでも
いちばんショウ的演出が多くて、おもしろかった!
特に、会場後方の黒い垂れ幕っつーの?
バックドロップ的なサムシングに
演奏している姿が投影されたのが
かっこよかったです。

Messe03

↑こんな感じで、ドーン。

二階席から(←恐縮です!
ステージと、ものすごい数の頭を眺めていると
この人たちは楽器を持って全国巡って演奏して、
それをいっぱいの人が観に来て、
音に酔ったり、踊ったり、酒に酔ったり、感動したり。
演奏する側、それを聴く側、
ひとりひとりの世界が、ひとつの空間を創りだして、
ライヴってそういうことなんだけど、
ナマモノなんだなあ。
カタチじゃないしオトだけでもないし・・・。
なんつって、よく分からないことが
やんわりと頭のなかで繰り広げられてたわけなんだけど、
要は、それってスゴイってのって感動した。
だって、ものすごい数の顔が、みんな笑ってたんだ。

いいものを観させてもらったなあ。

いつもいつも、ありがとうございます。
ホント恐縮です!! ←(C)梨元勝

会場をあとにするとき、
社長さんが一人でお花を摘んでいらっしゃったので、
あまりにもそのメルヘンティックな光景に困惑しつつ、
お花がキレイだったので、
せっかくだから、一緒になって花摘みさせて頂いた。
失敬。

家に帰って、急いで水を与えてあげた。

R00110351

↑ちょっとぐったりしちゃっています。

だけど、朝起きたら・・・

R00110361

↑パッキーン!!

なんだか嬉しそうです。特に、ガーベラ。

Garbera

↑昨夜はしょんぼり娘。でした。うぅ〜〜・・・パカッ!

R00110452_2

↑う〜ん、キレイだすなぁ〜。

ヤバイ、週末遊びすぎた。


余談。
週末のお馴染みホームパーレー。

R00109701

暑すぎたうえ、呑みすぎて
モヤ〜ッとしか憶えていない。

| | コメント (0)

ぶらりトドロキ

先月受けた区民検診の結果を取りに、
午前中等々力まで行ってきた。

まあ、カルシウムがどうのこうのって話以外は
いたって健康体のようで安心。

帰りに等々力通りを自転車で走っていると、
ものすごくステキなお店があって、思わず二度見。
午前中だったからまだ開店しているか
分からなかったけど、とりあえず中に入ってみる。

看板のない古い一軒家を改装した店内には、
ベトナムやタイ、チェンマイなどの
カラフルでキッチュな雑貨がキレイに陳列されていて
見ているだけで楽しい気分になる。
存在感たっぷりめな商品たちは
外からもよく見えるから、
通りすがりのほとんどの人が
窓越しに中を覗いてくるようなお店。
等々力通りはたまに自転車で通っていたけど、
こんなキャッチーなお店全然気がつかなかったなあ。
と思って、
「このお店、いつ出来たんですか?」
つって、オーナーと思われる男性に聞くと
「今週の月曜日あたりからね、
 ゆる〜りと始めたんですよ。」
わ!なんか、ゆる〜りってあたり、ス・テ・キ!!
どうやら、もともと家具なんかを作ってたらしくて、
工房がアジアの方だから雑貨も始めた的な。
その家具も店内に置いてあって、かわいかった。
「今度ね、あっこに絵とか飾ろうかな」
ってまだ完成ではないようす。
しばらくオーナーの方と話していると、
もともとは同業者らしくて、
やっぱり、自分のペースでゆる〜り仕事するのが
ベストだよね〜、なんつう話で盛り上がって、
気付いたら30分くらいおしゃべりしてた。
「本とか作ったら、教えてね。
 うちの棚に置いてあげるから。」
ヤッタネ!
思わぬところでオポチュニティー!
お店を出る時、
「お仕事、頑張って!・・・いや、頑張らないで!」
つって、この人、分かってる!って思って
ちょっぴりうれしかった。
看板もショップカードもなかったから
お店の名前は分からなかったけど、
またふらりと遊びに行って仲良くなろうっと。

帰り際にお土産までいただいて、
なんだかハッピーな出会いにうれしくなった。

と、思ったら!

R0010941

↑コレ!!

しばらく走ると、さらに・・・

R0010942

↑コレ!!!!

なんだか楽しいなあ。
なんて思いながら、道の先にある
前から気になっていた雑貨屋さんにも
ふらっと立ち寄ってみる。

しばらく店内をふら〜っと見ていると、
店員の女の子が
「自転車、見せてもらってもいいですか?」
って声をかけてきた。
「あ、ドーゾドーゾ。」
なんつって、そのまま自転車話から、
「自転車好きなら、オランダおすすめですよ。」
って話になって、
「あ!去年行きました!
 現地でチャリ買っちゃいましたよ!」
で、意気投合してしまった。
そのまま気付いたら2時間(!)くらい
その女の子としゃべり倒してしまう。
楽しかったなあ〜。
こういう思いがけない出会いはイイ。
スバラシイ。

このお店も
週末限定のマフィンカフェや
ワークショップとかもやっていて
とても楽しそうなお店だから
ちょくちょく遊びに行って仲良くなろうっと。

ただ、家から10分程度のところに
検診結果を聞きに、
それこそ30分もあれば済む用事だったのに、
時計を見たら3時間くらい経ってた。
初対面の人とたくさんおしゃべりしてた。
極度の人見知りのアタスが。

ここいらのこぢんまりしたお店は、
渋谷あたりの(ヒジョーに勝手な想像だけど)
「どや、うちの店、洒落とるやろ?」
つう感じの「わて、頑張ってまっせ」感がなく、
ゆった〜りした時間が流れていて、
居心地がいい。
個人的に東京で一番落ち着くお店
D&DEPARTMENTもこの界隈だしね。

等々力ってば、アツいじゃん!

余談。
忙しい。ここ何日間か、ただただ忙しい。
やらなきゃいけないことと、
やっておきたいことと、
やりたいこと(睡眠&放心など含)が
脳内でカオス。ライオット。

一日24時間じゃ計算が合わない。

おかしくなる予感がすると思って、
昨日突発的に近所の駒沢にある
BOTANYっていう植物屋さんへ逃げ込む。
ここは植物がたくさんあって好きなお店。
そこで新入りプランツを仕入れてきた。

R0010937

↑左の2つが新入り。

R0010944_2

↑こちらがサンゴ油桐。珊瑚礁のような鮮やかな花。

R0010935

↑そんで、こちらがウォーターマッシュルーム。水生植物。

家に緑がたくさんあるのは、イイネ。

| | コメント (2)

下町アート散歩

『バウハウス・デッサウ展』 @ 上野・東京藝術大学

Bauhaus_01_2

お姉ちゃんから招待券を譲ってもらったので、
ちょうど観たいって言ってたAちゃんと
『バウハウス・デッサウ展』を観に上野まで行ってきた。

ずっと梅雨でどんよ〜りした天気が続いていたけど、
この日はとても天気が良くて、
会場までの道のりはすごく気持ち良かった。
おそらく、中一の時の下町遠足以来、
10数年ぶりに上野公園のなかを歩く。
平日だってのに、結構人がいっぱい。

Ueno_01

↑公園内をしばらく歩いて・・・

Ueno_02

↑ようやく大学に着いたっぽい

Ueno_03

↑ヨーロッパの路地裏っぽい構内

Ueno_04

↑目的を見失う

Ueno_05

↑はい、トウチャック〜!

で、バウハウス。
バウハウスは1919年ドイツに設立された造形芸術学校。
1933年にナチスにより閉校されたけど、
建築・インテリア・アート・・・
とにかくデザイン全般において、
いまもなお、その影響は大きく、モダニズムの原点的存在。
今回は1925〜1932年の間、バウハウスが
ドイツ・デッサウ市にあった時代に焦点をあてて、
さまざまな作品が展示されていた。

Bauhaus_3

↑これがバウハウス・デッサウの校舎。
かっこいいねえ〜。

世界遺産なんだって。
へぇ〜、知らなかったぁ。

よく自分でも、
「あ〜、これバウハウス的だねえ」
なんて生意気なこと言っちゃったりするけど、
バウハウスのことなんて
コレっぽっちも知らなかったんだなって
今回展示されていた作品たちを観て改めて思った。
って別に知り尽くしちゃったってワケじゃないけど。

80年近く前に創られたものとは思えないくらい
どれも近代的で新鮮なデザイン。とにかくカッコイイ。
家具や照明なんかでもすごくポップだったり。
そもそもバウハウスといえば、
青、赤、黄といったポップな色遣いが有名。
(自分のなかでは)

ちなみに一番気になった作品は
“My Name is Rabbit and I Know Nothing”
という小さなコラージュ。

学生の校内でのスナップなんかもあったりして、
バウハウス生をちょっと体感した気分。
こんな芸大憧れちゃうなぁ〜。
実習とかすげ楽しそうだしなぁ。
自分も一応は芸大を出ているわけだけど、
バウハウスは何倍も刺激的に見えた。

そもそも東京藝大って初めて行ったけど、
すごく環境が良さそう。

やっぱ隣の芝生は青く見えるってのか。

帰りに上野公園を散策して
美味しいあんみつを食らう。

Ueno_011

↑ネコ多数発見!

余談。
なんだかここんとこ仕事がたまりにたまってるんだけど、
やる気が全然おきないうえ、遊びすぎてたから、
さすがに昨日から家に籠もって仕事仕事仕事。
めずらしく少し集中できたんだけど
疲れて息が詰まりそうになったから
スキを狙って1時間だけサボ〜る。

R00108511

↑いつものスポットでコーヒーブレイク&読書。

やっぱり原っぱでゴロリタイムをサボっちゃダミだなあ。
雨続きでサボり気味だったけど
こういう時間がないと発狂しちゃうよ。
はやく梅雨が明けてくれないかな。

| | コメント (4)

レトロ(リ)スペクト

平日映画鑑賞 @ 三軒茶屋中央劇場

Persepolis_3

三軒茶屋中央劇場
ずいぶん前から気になってた映画館。
三茶の商店街に、ものすごい風格で佇んでいる。

こないだ、ここで『ペルセポリス』を観てきた。
この映画館は常に、
そろそろDVDになったかなぁ〜くらいの作品を
二本立てで上映しているのだけど、
この時は一本目には間に合わず。
二本目の『ペルセポリス』が始まるまでの数十分、
切符売りのおばさんと映画談義。
「これねぇ、私こないだ観たけど、すごく良かったわよぉ〜」
「次はね、この映画を観ようと思ってるのよ〜」
なんて、自分の母親くらいの歳であろうおばさんは
楽しそうに話してくれた。
なんか、こういうのいいよなあって思った。
しばらくすると、
一本目から観ていたM君が劇場から出てきて、
一緒に『ペルセポリス』を観た。

この作品は、イスラム革命、イラン/イラク戦争といった、
激動の時代を背景にひとりのイラン人少女が
成長していく姿を描いた自伝的映画。もとは漫画。
少しヘヴィーな内容かなぁ〜なんて思いきや、
とにかくアニメーションがファンタジーに溢れていて、
シリアスな内容をユーモラスに描写していたり、
とても観やすくて、ステキな映画だった。

この劇場ができた頃は、
きっと映画を観るとういうことが
わかりやすく言うと、
北関東から表参道ヒルズへおでかけ的な
イベントだったんだと思う。
(ヒジョーに勝手な例えだけど…)
多分ウェイト的には、そんな感じ。
ここには、そんな昭和中期の
娯楽としての“映画”の香りが残っている。

単純に映画を愉しむ、嗜む。
それだけ。すげシンプル。
“ロードショー”じゃなくて“封切”。
そんなニュアンス。
音響も、椅子の座り心地も、
決していいわけではない。
ポップコーンも売ってない。
かろうじて自販機が階段の傍らに
ポツリとひとつあるくらい。

きっと某ギロッポンヒルズとかで観た方が
よっぽど快適に映画を観れる。
でもさ、やれ音響システムがどーたらだ、
やれ快適さを追求したシートだなんて
ぜんぶ、ただの付加でしかないもんね。

シンプルだからこそ、
私は、またこの映画館で映画を観たいな。
そう思わせてくれる場所だ。
映画、作品に対して愛を感じる。

Sancha_3

↑ロマンティックな佇まいでしょ。

おそらくポツリポツリと残っているであろう、
こういった小さくて歴史のある映画館。
どうか、いつまでも残っていて欲しいと思う。

『ペルセポリス』の次の週は
『Once ダブリンの街角で』
『ぜんぶ、フィデルのせい』の二本上映。
両方とも、ちょうど観たかった映画だったから、
「来週は本気モードで」と
M君と午前中から観ようと約束する。

翌週、起きて一仕事してからチャリで三茶まで行き、
「あー間に合わないぃ〜」なんて思いながら、
気になってたパン屋に立ち寄り、パンを買って
映画館に駆け込み、切符を買う。
「もう始まっちゃった〜?」
「いまちょうど予告編が終わったところよ〜」
「よかったぁ〜」
なんつって急いで劇場へ。
ジブリ風プレイを
ひとりで繰り広げつつ、滑り込みセーフ。
平日初回なのに、中にはすでに10人ほどの観客。
M君は寝坊のため、開始30分後くらいに
缶ビール片手に現れ、隣の席に座る。

二本見終わったのは15:00頃。
「そんじゃーね」なんつって
各々、夕方の部へ。

なんか、こういう平日の過ごし方、
すごくいいなぁって思う。

ちなみに、お隣の三茶シネマも気になっている。

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »