« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

28歳説

ここ何年かずっと超個人的にずっと唱えてた
「28歳は楽しい」説。

コレ、本当だった。

楽しいっつーか、なんだろか。
そう思うことが、大切なんだろか。
28歳に限ったことではないのかもね。

今年、自分のなかでは幼なじみ級に
長い付き合いの友達が結婚して感極まったり、
大切な友達がこの世から去ってしまって、
命の尊さを身にしみて感じたり。

「生きてる」実感がものすごいした。

今日はここ何週間も続いた
仕事のストレスのせいか、本気でぶっ倒れた。
いままでどんな激務も倒れずにこれたけど、
体力的にもう限界なのかな。
Tくんがいてくれたおかげで助かった。
ありがとう。

生きてるんだ。
すごく幸せなことだね。

とにかく、いろんな意味で
ものすごく充実してたっつーことを
超個人的に今、憶え書き。
29歳もきっと、もっと楽しいはず。

| | コメント (3)

さっそく観てきた

「明日の神話」@ 渋谷駅

R00120202

R00120352

渋谷に行けばいつでも拝めるなんて、
なんてスバラシイ。
倒れそうになっても、上を向ける気がする。

| | コメント (3)

晩秋の月

R00119922_2

まんまるでキレイな月でしたヨ。うっとり系。

来年こそは無精な自分をどうにかしよう。

って思ったけど、去年の今ごろも
確か、同じコトを自分に言って聞かせてたっつうことを
たった今、思い出した。

| | コメント (0)

気をとりなおし中

R00119862

寒い寒い寒い。
こないだ生まれて初めて買ったダウンジャケットは
家の中でずっと着てる。

ハーブ園を作ってみた。
セージとローズマリーとタイムの寄せ植え。
スカボロフェアのパセリ抜き。

第二弾↓

R00119872

なかなかアーティスティックですね。

筑紫哲也さんの件、
すごく残念です。合掌。

| | コメント (3)

住居問題の秋 第二章

R00119622

ここ最近、引越しの件で
軽くノイローゼ気味でした。

いろいろ見てまわっているうちに、
なんだか何をしてるんだか
よく分からなくなってきて、
「ほほう、このディテイルは素晴らしい」なんつって、
ただ渡辺篤史になっているだけだったりしてきて。

もう脳みそが体重の80%以上を占めてきて、
立ち上がれなくなった。

で、たどり着いた結論は
引越し延期。

1カ月ほど世話になった不動産やさんに
キャンセルの電話を入れる時はまるで、
付き合っている風な態度を見せておいて、
彼も、友達なんかに
「彼女できたんだよねー」
なんつって言い始めた矢先に
「やっぱなんか違うから、ごめん」
て別れを告げる女の気分。
どんな気分なのかは、
よく分からないけど、
すごくすごく心が痛い。

それが不動産屋の仕事だということは
分かっているけれど。

仕事で、何度も何度も
見積もりを取らせておきながら、
別のところにしましたって
電話を入れなきゃなんないときと
まるで同じ気分だ。
一番苦手な仕事だよ。

いろんな人に散々迷惑をかけた。
申し訳なくて、ただただ心が痛い。

さらに凹む。

でも、少しワクワクしてきたから
これでいいのだ、と思う。

| | コメント (3)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »