« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

虹だよ

R00142182

こないだ私が桜木町方面に遊びに行ってたとき、
Tくんは家でひとり作業に没頭していて、
ネコがミャーミャーしつこく鳴くもんだから、
「どうしたもんか?」つってネコについてったら、
ベランダに連れて行かされ、
虫でもいるのかなと思って外を見たら、
空に大きな大きな虹がかかってたんだよ。
つって、Tくんが嬉しそうに話してくれた。

・・・ナニソレ!
スゲエいいはなシーサーじゃん!!
い〜なぁ〜。

都内で大きな虹が見れたらしいんだけど、
都外にいたからか、全く見れなかった。残念。

ネコが私に向かってミャーミャー鳴くときは
9割がた「メシくれ」って意味だ。

 
 

角田光代の『空中庭園』を読んだ。

細かいことは書かないけど、
ものすごく面白い小説で、
珍しくすごく入り込んだ本。
角田光代の本は読みやすくて好き。

映画化されていたのは知っていたから、
そっちも観てみたくなって、
小説を読み終えるちょっと前に
ツタヤに行って借りてきた。

ほんで、読み終わったら
そりゃもう、ドキドキで
映画を観てみたんだけど、
正直、がっかり。。。
もはや、ホラー映画のように描写されていて、
別物になってしまっていた。
途中から観るのも辛くなってしまった。
期待が大きかっただけに、残念だったなあ。
映像や音楽は別として、
原作とはあまりリンクできなかった。

基本的に映画を誰かと一緒に観た後に
感想を言い合ったりするのが、
あまり好きじゃないんだけど、
おもわず、残念だったと声に出してしまったよ。

そろそろ『1Q84』を読み始めよっと。

そういえば、
こないだMくんに誘われて、
久しぶりに三茶中央劇場に行ってきた。

その日は、『ラースと、その彼女』と
いのちの戦場』の対極的な二本立て。
すごい賭けに出た組み合わせだなあ。。。

一本目の『ラース』は
すごく観たかった映画で、
しょっぱなから幸せな気分で
ほっこり涙が止まらなかった。
ものすごくいい映画。
DVD購入即決定。

二本目の戦争映画は
“フランス版プラトーン”。
人の命がまるで駒のように映ってしまうから
戦争映画を観るのは苦手です。

エンターテインメントとして
銃、武器全般を扱う
映画とかドラマとかゲームとか
どうしたって観れないです。
倫理上「楽しむもの」とは思えないから。

戦争映画は、それが事実であれば、
ドキュメンタリーとして捉えるようにする。
でも、観る前にはどうしても
ある程度の基礎知識と心構えが必要。

今回は寸前のお誘いだったから、
基礎知識も心構えも一切ナシ。やべえ。

フランス語は分からないから、
辛いシーンは目を覆っておこうと思ったけど、
結局、銃声とか息づかいとか悲鳴とか
言語は関係なく、耳に入ってくる。

二本観終わってから
なんとなく共通テーマが
あったんだなって気がした。

| | コメント (4)

正夢

R00143072

何故か、よく見る夢がある。

日帰りでアメリカに行き、
会いたい人や行きたいところを
素通りしなければならない、
半生殺しな夢です。

今回のNYも仕事だったこともあり、
よく見てた夢が正夢になりました。

自由時間なんて完全に諦め、
そんな夢の話つうか、
もはや愚痴をこぼしながら、
ウエスト・ヴィレッジに向かって
トロトロ歩いていたところ、
偶然大好きなお店の前を通り過ぎて、
「30分だけ時間くだせえ!
 おねげーシマス!!」
と半ば無理矢理なおねだりして、
30分だけ時間もらえた。よかった。

NYは思っていた以上に巨大で、
あんな大都会、初めて見た。
「世界の中心はニューヨークなんやで」
って言われても、納得してしまう。

自分が知ってるアメリカは
どちらかというと、
みんな同じような格好をしていて、
本当にお洒落な人が少ない
西海岸のイメージが強い。

西海岸の雰囲気はソレはソレで
大好きなんだけど…。

NYは、街行く人が皆
すごいハイセンスで
ワンアンドオンリーで
ズルいくらいにお洒落さんでした。
服が云々じゃなくて、スタイルがね。
洗練されてて。

アメリカ中のお洒落さんは
ニューヨークに集まってたんだね。

街並みも何かにつけてシャレオツ。

十何年間、抱いていた
アメリカのイメージを
ものの数分で見事に覆された。

歴史や文化が生きてて、
地下鉄に乗ったり、
街歩きできる街だからなのかな。
意識が高いんだと思う。
物理的に人が行き交うから、
自然とそうなるのかな。

今回はファッションの仕事だったから
そこらへんばっか目に入って
特にそう感じた。
ものすごく刺激的な街。

行動の拠点にしていた
ブルックリンの中心地から
少し離れた小さな街は、
マンハッタンの忙しない空気とは違って
街全体にゆる〜い風が吹いてて、
ニクいくらいにステキで、惚れた。ホの字。
若いアーティストがたくさん住んでるらしい。
アメリカに移住したいかもて初めて思った。

そんなこんなで、
Ground Zeroだけは拝めた。
つっても仮囲いされてるので、
なにも見えないけど。

ほんの一部しか見れなかったけど、
また絶対に行きたい。
つーか、行くゼッタイ。何度でも。

ニューヨークニューヨーク。

 
 

R00143872

R00143952

R00143562

 
 

余談。
たまたま連れて行ってもらえた
FUERZABRUTA”というパフォーマンス・ショウ。
ものすごく良かった。感動的。
これもまた何度でも観たい。
え、日本公演もあるの??
モー娘。が公式サポーター!みたいなの
絶対にやってほしくないなあ〜…。

| | コメント (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »